埼玉県熊谷市の矯正歯科医院おすすめガイド【36院を調査・比較】 » 歯列矯正の基礎知識 » 矯正歯科の治療費

矯正歯科の治療費

歯列矯正の費用について

第二期治療(永久歯列)においての費用例

歯列矯正には2つの治療時期があり、費用もそれぞれ違う特徴があります。

一期治療と呼ばれる時期は6歳〜小学校中学年くらいまでで、乳歯混合歯列の治療となります。まだ成長段階にある顎の骨の特性を活かし、歯の生えるスペースを確保しながら歯並びを整えます。

二期治療は永久歯が生えそろった12歳以降の期間で、大人の方の矯正治療もこれに相当します。骨格もある程度出来上がっているので、歯列矯正が中心となってきます。

自費診療である矯正歯科の場合、一期治療の費用目安が10万円〜40万円程度であるのに対し、二期治療は30万円〜60万円ほどといわれています。ただ自費診療の費用は、歯科クリニックが自由に設定できるようになっているので、こちらの金額はあくまで目安となってきます。

また、費用は患者の口の中の状態や歯並び・装置の種類・治療期間などによって大きく変わってくるので、診察・精密検査後に、より具体的に説明を受けることをおすすめします。

埼玉県の歯科矯正の平均治療費は約77万円です。安さだけではなく、矯正技術や自分にあった診療/治療環境が整っているか、通院しやすい時間や曜日が選べるかなどをしっかりと比較し、納得できるクリニックを選びましょう。

保険と自費について

歯列矯正は虫歯や歯周病のリスクを回避したり、噛み合わせをよくする効果もあるので、医療保険の対象にすべきだと感じる方も多いかもしれません。しかし歯科矯正は、虫歯や歯周病を引き起こす原因にはなり得ますが、病気ではなく「見た目を改善する治療」であると厚生労働省がみなしているので、自費診療となっています。

しかし中には、例外的に医療保険が使えるケースもあります。それは顎の形が生まれつき変形している顎変形症など、先天的な異常によって不正咬合になっている場合です。この保険が適用される矯正歯科治療を行うことができるクリニックは、厚生労働大臣が定める施設基準に達している、と認められている保険医療機関のみとなります。

厚生労働省の作成しているクリニックの名簿は変更されることもあるので、保険適用の治療を希望する場合は、直接医院に確認をしておくことをおすすめします。

医療控除について

自費診療の場合の歯科矯正は高額になることがほとんどで、患者の負担も大きい傾向がありますが、「医療費控除」という制度を使うことで負担を少し軽減することができます。しかし対象となる治療は、歯並びの乱れなどにより噛み合わせに支障をきたしている場合のみで、見た目を美しくする審美的な治療は除外されるので、気をつけましょう。

熊谷市の場合、「1年間に支払った医療費の総額」 − 「保険金などで補われる金額」から、「10万円、もしくは総所得金額の5%のいずれか少ない方の金額」をさらに引いた金額が控除額となります。

治療のための通院にかかった費用も控除の対象となりますが、公共交通機関を利用した場合のみとなり、自家用車を利用した時のガソリン代などは含まれません。歯科ローンやクレジットカードを利用した場合は、支出を証明する書類として、歯科ローンの契約書の写しや信販会社の領収書を添付する必要があります。

手続きは確定申告や市民税に申告を個人で行う必要があり、所属企業の年末調整での手続きは行われないのも注意が必要です。申請に必要な書類は、

  1. 「医療費控除の明細書」
  2. 「源泉徴収票の原本」
  3. 「認め印」

で、所得税の確定申告の場合はこの他に、申告者本人の預貯金口座名義・番号等が分かるものが必要となってきます。

医療費の領収書の添付/提示の必要はなくなりましたが、記載内容確認のため税務署から提出を求められる場合もあるので、領収書などは5年間大切に保管しておきましょう。

医療費控除について分からないことがあれば、熊谷市役所の市民税課に問い合わせをすることもできます。

まとめ

歯科矯正の費用や保険適用制度についてご紹介しましたが、いかがでしたか?高額な歯科矯正ですが、医療費控除制度などを利用することで、負担を減らすこともできるので、ぜひ検討してみてください。

熊谷の矯正歯科医院おすすめ3選を確認する


ここなら矯正で失敗しない!熊谷のおすすめ矯正歯科医院3選

熊谷でワイヤー矯正を行う当サイトで紹介しているクリニックのうち、検査精度を高めるCTを完備している3院をピックアップ。
気になる休日診療の通いやすさや医師、設備で比較してみました。※2019年4月調査時点の情報を元にしています。

はせがわ歯科
施設 個室 駐車場
まる まる
医師
キャリア
院長
長谷川 信
29年
費用 総額固定81万円*1
個室でプライバシーに配慮した治療を受けたいなら

公式サイトへ

電話で問い合わせ

あらい歯科クリニック
施設 個室 駐車場
まる
医師
キャリア
歯科医
荒井 学
20年
費用 記載なし
完全予約制で待ち時間なく診察してもらいたいなら

公式サイトへ

電話で問い合わせ

エル歯科医院
施設 個室 駐車場
まる
医師
キャリア
院長
李 一孝
41年
費用 成人矯正記載なし
40年以上のキャリアベテラン医師に診てもらいたいなら

公式サイトへ

電話で問い合わせ

*1:トータルフィー(総額固定制) 診断料1万円含む


歯科矯正治療の費用と期間について

矯正歯科の一般的な費用は、乳歯列期(乳歯のみの時期、平均的に3歳~6歳ぐらい)で30,000~200,000 円、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在している時期、平均的に6歳~12歳ぐらい)で、150,000~600,000円、永久歯列期(永久歯に生え変わった後)で、500,000~1,300,000円とかなり幅があります。 期間については乳歯・混合歯列期の治療で1~3年、永久歯列期で1~2年と言われています。
歯列矯正は自由診療なので症状やクリニックによって費用・期間ともに変動します。一度問い合わせてみることをおすすめします。

副作用について

矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。
また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。