埼玉県熊谷市の矯正歯科医院おすすめガイド【36院を調査・比較】 » 歯列矯正の基礎知識 » 歯列矯正の痛み

歯列矯正の痛み

矯正の痛み(矯正痛)

1日で終わらない歯科矯正だからこそ、矯正中の痛みが気になる方も多いかと思います。通常の虫歯治療などでは、無痛/痛みの少ない治療が当たり前となりつつありますが、矯正治療においての痛みはどうでしょう?まずはどのようなときに痛みを感じるかについて、みていきましょう。

歯が動くときの痛み

矯正治療において痛みを感じるタイミングですが、まずは「歯が動く時の痛み」。これは「装置をつけた後」「装置の調整を行なった後」に感じる方が多いようです。個人差はありますが、違和感・締め付け感・引っ張られるような感覚の痛みです。

食事のときの痛み

食事の時の痛みは、装置を取り付けた当日から鈍痛を感じる方もいます。歯が押されている・歯が浮いているといったような、強い不快感の場合もあります。

矯正装置が当たるときの痛み

歯列矯正で使う金属で作られたブラケットタイプの装置ですが、口の中や舌に当たって痛みを感じることもあります。角が丸められ、より刺激を少なくする工夫はされていますが、繰り返し同じ箇所に金属が当たることから、口内炎へと発展するケースもあります。

痛みを軽減する方法

装置をつけた時の痛みはずっと続くわけではなく、数日〜1週間ほどで和らいできます。人工的に力をかけて歯を移動させているので、痛みが発生するのはメカニズム上仕方がないことでもありますが、快適に治療を行いながら日常生活を送るために、鎮痛剤を使用するという方法もあります。

痛みがあるときは、無理をして硬いものは食べず、柔らかく噛みやすいものにしましょう。また、食べ物をあらかじめ細かく切っておいて食べるということも、有効です。

装置が口の中に当たる痛みには、歯科用のワックスなどを使用する場合があります。様々なメーカーから販売されており、ちぎって使うタイプ・時間が立つと固まるタイプなどがあり、装置の上につけカバーをします。万が一ワックスが取れて飲み込んでしまった時も、問題ない素材で作られています。

まとめ

歯科矯正を検討している時に気になる、治療中の痛みや解決法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?治療中の痛みが原因で、矯正を中断してしまうという方は稀なようです。しかし痛みには個人差がある上長く続く治療となるので、適切なケアを行い快適に日常生活が送れるよう、医師にしっかりと相談しましょう。

熊谷の矯正歯科医院おすすめ3選を確認する


ここなら矯正で失敗しない!熊谷のおすすめ矯正歯科医院3選

熊谷でワイヤー矯正を行う当サイトで紹介しているクリニックのうち、検査精度を高めるCTを完備している3院をピックアップ。
気になる休日診療の通いやすさや医師、設備で比較してみました。※2019年4月調査時点の情報を元にしています。

はせがわ歯科
施設 個室 駐車場
まる まる
医師
キャリア
院長
長谷川 信
29年
費用 総額固定81万円*1
個室でプライバシーに配慮した治療を受けたいなら

公式サイトへ

電話で問い合わせ

あらい歯科クリニック
施設 個室 駐車場
まる
医師
キャリア
歯科医
荒井 学
20年
費用 記載なし
完全予約制で待ち時間なく診察してもらいたいなら

公式サイトへ

電話で問い合わせ

エル歯科医院
施設 個室 駐車場
まる
医師
キャリア
院長
李 一孝
41年
費用 成人矯正記載なし
40年以上のキャリアベテラン医師に診てもらいたいなら

公式サイトへ

電話で問い合わせ

*1:トータルフィー(総額固定制) 診断料1万円含む


歯科矯正治療の費用と期間について

矯正歯科の一般的な費用は、乳歯列期(乳歯のみの時期、平均的に3歳~6歳ぐらい)で30,000~200,000 円、混合歯列期(乳歯と永久歯が混在している時期、平均的に6歳~12歳ぐらい)で、150,000~600,000円、永久歯列期(永久歯に生え変わった後)で、500,000~1,300,000円とかなり幅があります。 期間については乳歯・混合歯列期の治療で1~3年、永久歯列期で1~2年と言われています。
歯列矯正は自由診療なので症状やクリニックによって費用・期間ともに変動します。一度問い合わせてみることをおすすめします。

副作用について

矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。
また、金属の装置による金属アレルギーなどの恐れもありますので、不安な点についてはクリニックへご相談ください。